ホーム 特集

発達障害とともに 宮崎のいま

【第6部】あんしんの居場所(1)もぐら塾

2013年6月4日
■母子の心に寄り添う

 都城市高城町にある「もぐら塾」の玄関にあるのは小さな手書きの看板だけだ。塾代表を務める竹内智子さん(40)が2006年、自宅を開放して始めた。派手な宣伝活動は一切なし。うわさを聞き付けた小中学生と保護者が集う。

関連記事

powered by weblio


ロード中 関連記事を取得中...