ホーム 特集 新燃岳噴火

新燃岳噴火

一覧

新燃岳が中規模噴火 噴煙高さ4千メートル最高

2011年3月14日
 霧島連山・新燃岳(1421メートル)は13日午後5時45分、中規模な噴火があり、噴煙は火口の縁から約4千メートルの高さまで上がった。噴煙の高度は一連の噴火活動で最も高い。噴火は5日ぶり。

 鹿児島地方気象台によると、この影響で都城市御池町などで降灰があった。大きな噴石の飛散や火砕流は確認されていない。

 同気象台は「今回の噴火は大量の火山灰や軽石を伴った1月下旬の噴火と比べると危険性は低い。ただ、今後も爆発的噴火が起こる可能性がある」と注意を呼び掛けている。

 気象庁は上空3千メートルを超える噴煙が続いた場合に、噴火警戒レベルを4(避難準備)に引き上げる基準を示しているが、今回引き上げは検討していないという。

【写真】えびの市内から見た新燃岳の噴煙=13日午後5時55分ごろ

関連記事

powered by weblio


ロード中 関連記事を取得中...