ホーム 宮崎のスポーツ 一般スポーツ

一般スポーツ

一覧

少年男子フライ級中垣連覇 えひめ国体

2017年10月11日

 【愛媛県で本社取材班】第72回国体「2017愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」は10日、全競技日程を終了し、閉幕した。本県の天皇杯得点(男女総合成績)は702点で全国44位。昨年の岩手国体より順位を五つ落とした。皇后杯(女子総合成績)は403点で昨年より順位を一つ下げ45位。天皇杯、皇后杯は昨年に続き東京が獲得。地元開催の愛媛は共に準優勝だった。


 県勢は第10日の9日に行われたボクシングで、少年男子フライ級の中垣龍汰朗(日章学園高)が2連覇し、高校の全国大会で5冠に輝いた。国体全種別を通し県勢初の決勝に進んだバドミントン少年男子の日章学園高は、熊本に0-2で敗れ準優勝。陸上少年男子共通三段跳びの兒玉直之(宮崎西高)も2位だった。


(全文は11日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】【ボクシング少年男子フライ級決勝】強気の攻めで2連覇を達成した中垣龍汰朗(日章学園高、左)=愛媛県松前公園体育館

このほかの記事

過去の記事(月別)