ホーム 宮崎のスポーツ 高校野球

高校野球

一覧

延工終盤に集中打 都工反撃1点止まり

2014年7月14日
 ▽2回戦・アイビー=第2試合

 延岡工 5

 都城工 1

▽盗塁=延2(松木、下田)都2(澤井、安藤)▽失策=都2(田畑、長山)▽暴投=満行2▽試合時間 2時間17分

 【評】延岡工の打線が終盤に奮起した。八回に石田が2死満塁から2点適時打で均衡を破ると、2-1となった九回は下田の適時打で2点を加え試合を決めた。先発須原は9回1失点と好投。都城工は一回の得点機で中軸が凡退。二回以降は三塁を踏めず、八回に1点を返すのがやっとだった。

このほかの記事

過去の記事(月別)