ホーム 宮崎のスポーツ 高校野球

高校野球

一覧

日章、小林西初戦で敗退 春季九州高校野球第1日 

2019年4月21日

 高校野球の春季九州大会(第144回九州大会)は20日、鹿児島市の平和リース球場などで開幕した。1回戦2試合と2回戦3試合を行い、本県の日章学園は0-2で西日本短大付(福岡)に、小林西は大分に8-9で敗れ、ともに初戦突破はならなかった。


 日章学園は五回に先制を許すと、八回にも1点を奪われた。打線は三回1死満塁で後続が三振と内野ゴロに倒れ、九回にも2死三塁の好機を生かせなかった。


 小林西は四回、平野匠海の2点本塁打などで3点を先制。3-6で迎えた七回、比嘉覚哉の適時三塁打などで5点を挙げ8-6と逆転したが、八回に3点を奪われ、試合をひっくり返された。


 残り3試合は、大分工が準々決勝に進出したほか、真颯館と福岡大大濠の福岡勢が2回戦へ駒を進めた。


 第2日は21日、2回戦の残り5試合を行う。


(全文は21日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)