ホーム 宮崎のスポーツ 高校野球

高校野球

一覧

「早く試合したい」 日南学ナイン“聖地”見学

2018年8月2日

 5日開幕する第100回全国高校野球選手権記念大会を前に、本県代表・日南学園の選手らは1日、兵庫県西宮市の甲子園球場を見学した。聖地のグラウンドに足を踏み入れ、感触を確かめた。


 ベンチ入り18人と3年生らが参加。ボールを使う練習はできないため、守備位置を確認したり一塁まで走ったりした。三塁手の坂元海は「ベースの間は思ったより近く感じる。守りやすい」と話し、定位置からファウルゾーンまでの距離を確かめるなどしていた。


 打席に立った主軸の門川大晟は「外野スタンドに本塁打を放つイメージができた」と自信を見せ、マウンドに立ったエース辰己凌晟は「小さい頃からずっと憧れていた。早く試合で投げたい」と闘志を燃やしていた。


 今回は記念大会で出場校が多く開幕が早いため、例年のような甲子園練習が実施されず、見学のみとなった。


(全文は2日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】甲子園見学でマウンドの感触を確かめる日南学園の投手陣ら

このほかの記事

過去の記事(月別)