ホーム 宮崎のスポーツ 高校野球

高校野球

一覧

日南学は2回戦から 九州高校野球、18日開幕

2015年4月11日
 18日に佐賀市で開幕する高校野球の春季九州大会(第136回九州大会)の組み合わせ抽選会は10日、同市内であった。本県代表の日南学園は2回戦から登場。大会第2日の19日午前9時から、佐賀市立野球場で、伊万里農林(佐賀)と飯塚(福岡)の勝者と対戦する。

 各県の予選を勝ち抜いた14校と、第87回選抜大会に出場した4校の計18校が出場。県予選を投手を中心とした堅い守りで制した日南学園は、2季ぶり18度目の出場となる。初戦を勝てば、昨秋の九州大会準優勝で選抜出場の糸満(沖縄)と鶴崎工(大分)の勝者とぶつかる。

 選抜出場組では、昨秋の大会優勝の九州学院(熊本)が佐世保実(長崎)、神村学園(鹿児島)は龍谷(佐賀)と、九産大九州(福岡)は熊本国府とそれぞれ初戦を戦う。

 人為的に走者を置いて試合の早期決着を図る「タイブレーク方式」を導入し、延長十三回からは無死一、二塁で任意の打者から攻撃に入る。決勝ではタイブレークを適用せず、延長十五回で同点の場合は翌日、再試合となる。

このほかの記事

過去の記事(月別)