ホーム 宮崎のスポーツ 高校野球

高校野球

一覧

県大会組み合わせ決定 春季九州大会

2015年2月27日
 高校野球の春季九州大会(第136回九州大会、3月21日開幕)県予選の組み合わせ抽選会は26日、宮崎市のKIRISHIMAツワブキ武道館であり、出場48チームの対戦相手が決まった。2季連続12度目の優勝を狙う第1シード延岡学園は小林西と初戦の2回戦で対戦する。

 延岡学園が入るAパートは最激戦区。秋8強の都城東や新人大会準優勝の日南学園のほか、宮崎学園、日章学園の有力私学が入った。

 Bパートは第4シード宮崎日大が軸。初戦は宮崎大宮と顔を合わせる。秋8強の延岡商と鵬翔は順当に勝ち上がれば3回戦で顔を合わせる。

 Cパートの第3シード都城は初戦で新人大会4強の都城商と対戦。秋季大会で延岡学園に1点差負けだった富島も台風の目となりそうだ。

 初優勝を目指すDパートの聖心ウルスラは初戦で宮崎北とぶつかる。秋8強の高鍋のほか、宮崎商、宮崎工、佐土原も入った。

 今回の県予選は決勝を除いてタイブレーク制を採用。延長十三回以降は無死一、二塁から始める。

 決勝は4月3日の予定(3月27日、30日は予備日、4月1日は休養日)。優勝校は4月18日から佐賀市である九州大会に出場する。

このほかの記事

過去の記事(月別)