ホーム 宮崎のスポーツ ゴルフ

ゴルフ

一覧

シニア西村PO粘り強さ 宮日シニアゴルフ

2018年10月15日

 第23回宮日シニアゴルフ選手権最終日は14日、宮崎市の宮崎レイクサイドGCで3部門の決勝ラウンド(いずれも18ホール、パー72)を行った。55歳以上のシニア(6653ヤード)は、152のトータル8オーバーで3選手が並び、プレーオフの末、西村敏彰(日南)が初優勝を果たした。昨年王者の白坂千弘(都城)は2位。成松和幸(宮崎)が3位だった。


(全文は15日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】【シニアの部】3人でのプレーオフを制し、初優勝した西村敏彰(右)=18番

このほかの記事

過去の記事(月別)