ホーム

県高校新人野球最終日 都城16年ぶりV、鵬翔を3-0 

2015年9月3日
 第63回県高校新人野球大会(県高野連主催、宮崎日日新聞社など後援)最終日は2日、宮崎市のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で決勝を行い、都城のエース山本由伸が無安打無得点を達成し、鵬翔を3-0で下した。都城の優勝は、1999年以来16年ぶり8度目。

 都城は、山本由が9回12奪三振の快投。打撃でも先制の適時打を放つなど投打に活躍した。打線は五、七回に1点ずつを加え、突き放した。鵬翔は、先発田中佑樹が粘投したが、打線に打ち急ぎが目立った。

 今大会の結果、第137回九州大会(秋季九州大会)県予選のシード順は(1)都城(2)鵬翔(3)日南学園(4)日南振徳に決まった。県予選は19日開幕。組み合わせ抽選会は10日に行う。


▽決勝

鵬翔 000000000-0
都城 10001010×-3

▽二塁打=黒木
▽盗塁=都1(小野川)
▽失策=鵬1(田中)
▽試合時間 1時間43分

このほかの記事

過去の記事(月別)