食卓に彩り添える 初夏の一皿

2019年06月20日掲載

 今回は夏野菜の中でも定番の食材、ナスとトマトを使った一品。  ナスの中でも大ぶりで身崩れしにくい米ナスの特長を生かし、食材をミルフィーユ状に積み上げた「オーブン焼き」は、見た目にも華やか。コク深く、口の中でとろりと溶ける夏野菜とチーズのコンビネーションは、リッチな味わいを生み出します。  一方、トマトを丸ごと使った「おでん風」は、湯むきしたトマトを短時間煮て、後はだしに漬けておくだけの簡単調理。キッチンに立つのが面倒になりがちなこの時季には重宝しそう。食欲が湧かないという時、手軽に栄養を取るのにピッタリです。

取材協力/dining bar MASAK


コンテンツ
サポーターコラム

GURU GURU GOURMET

Health

旬レシピ

働くワタシ図鑑

プレゼント

facebook

休日在宅医

きゅんナビ

発行
宮崎日日新聞社
企画・編集
宮崎日日新聞社 業務局
〒880-8570
宮崎市高千穂通1-1-33
購読のお申し込み
TEL 0120-373821