共同通信PRwire

Casarteがユニタスと共同でウオッシュ・アンド・ケア一体型洗濯機をAWE2019で発表

Casarteがユニタスと共同でウオッシュ・アンド・ケア一体型洗濯機をAWE2019で発表

AsiaNet 77870(0435)


【上海2019年3月14日PR Newswire=共同通信JBN】世界の主要家電ブランドであるHaier Home Appliance(ハイアール)は、イタリアの最高級革製品ケアブランドのユニタス(Uniters)とともに、ハイアールの主要系列ブランドであるCasarteからウオッシュ・アンド・ケア一体型洗濯機の新製品を中国・上海で開催中の2019 Appliances & Electronics World Expo(AWE 2019)で発表した。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190314/2403564-1

Casarteとユニタスは、ダブルドラム機がいかにデリケートに高級財布を洗濯するかを示し、高級な衣類や製品向けの洗濯と保護のソリューションを消費者に提供した。Casarteは1000台を初期生産する。

ハイアールのファブリックケア部門中国市場ゼネラルマネジャーのエリック・ディン氏は「洗濯機の概念は長年にわたってあまり変わっていないが、それを支える技術は絶えず向上している。静かさ、冷温洗濯、省エネはすべて、洗濯機を大幅に改良してきたイノベーションだ。ハイアールはデザインとテクノロジーの限界を押し広げ続けており、画期的なCasarteのウオッシュ・アンド・ケア一体型洗濯機は、総合的な消費者体験を向上させるという当社のコミットメントを反映している」と述べた。

洗濯機に洗濯物を入れると、QNXベースの制御システムとMCUハードウェアが自動的に起動し、洗濯物の種類と重量を検出し流水量を分析する。クラウドベースのビッグデータシステムに接続すると、高性能のセントラルMCUプロセッサーがデータポイントを計算して最適な洗濯サイクルをインテリジェントに選択し、水と電力をこの過程で節約する。これは乾燥にも当てはまる。

Casarteのウオッシュ・アンド・ケア一体型洗濯機は、水殺菌のための遠紫外線が装備されているため、ユーザーは殺菌剤を節約し、衣類の寿命を延ばすことができる。一方、可変周波数ヒートポンプ、ファン、そしてボタンを1回クリックすれば一貫した空気の流れと温度を維持され、すべての繊維が保護される。衣類が過熱されることなく均一に乾燥されるように軍用級の3D赤外線センサーが256カ所で毎秒最高8回にわたって温度を監視する。さらに、2つのドラムはそれぞれ独立し、同時使用が可能なので、空気洗浄と芳香乾燥の機能もある。

世界中のユーザーのニーズを満たすために、Casarteは世界中に6つの研究開発センター、14のデザインセンターを有し、300人以上のデザイナーと最高のパートナーがいる。継続的な技術革新を消費者に提供するために、Casarteはオープンでダイナミックなグローバルエコシステムを培うことで、ハイエンドな洗濯機業界の最前線での地位を維持している。

▽ハイアール(Haier)について
Haier Home Applianceは世界ナンバーワンの家電ブランドで、世界市場シェアは10.5%を占める。同社のブランドには、ハイアール、Casarte、中国のLeader、米国のGE Appliances、ニュージーランドのFisher & Paykel、日本のアクアなどがある。現在、Haier Home Applianceは、まさに世界的なスマートホーム・エコシステムを構築する中、従来型のメーカーから開かれた起業家プラットフォームへと変革を遂げつつある。そうすることでハイアールは、同社の製品・サービスのユーザー価値の向上を継続しつつ、世界中の顧客に相互接続されたスマートホーム体験を提供している。詳細は、http://www.haier.net/en/ を参照。

ソース:Haier Home Appliances

画像へのリンク:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=331774