共同通信PRwire

ソーダストリームが巨大な海洋装置を構築、ホンジュラス沖の洋上でプラスチックごみを回収

ソーダストリームが巨大な海洋装置を構築、ホンジュラス沖の洋上でプラスチックごみを回収

AsiaNet 75611 (1811)

【エアポートシティー(イスラエル)2018年10月15日PR Newswire=共同通信JBN】
*ダニエル・バーンバウム最高経営責任者(CEO)が世界のソーダストリーム幹部社員300人、地元の子供たち、環境NGOを率いてカリブ海ロアタン島沿岸を清掃

ソーダストリーム・インターナショナル(SodaStream International Ltd.)(NASDAQ: SODA)は15日、公海のプラスチックごみを取り除くよう設計された巨大な海洋装置「Holy Turtle(聖なるウミガメ)」の運転開始を発表した。この革新的な装置は15日、ダニエル・バーンバウム最高経営責任者(CEO)の率いる大胆な海洋清掃の一環として、まずカリブ海、ホンジュラスのロアタン島沖で試験運転される。これは営利企業が公海上の廃棄物の物理的な清掃に従事する初の試みである。ソーダストリームの清掃団には、45カ国のソーダストリームの幹部社員150人、国際的な環境の専門家、NGOのPlastic Soup Foundation、地元の7つの学校に通う数百人の子供たち、および地元ホンジュラスの政府職員が含まれる。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/765362/HolyTurtle.jpg
Logo - https://mma.prnewswire.com/media/636193/SodaStream_Logo.jpg


「Holy Turtle」は、公海を数キロにわたって2隻の船舶がゆっくりとけん引するよう設計された長さ1000フィートの水上装置である。この装置はユニークな設計により、浮遊するごみを捉えながら大きな通水孔が野生生物を保護する役割を果たす。装置の設計は流出油封じ込めシステムに着想を得たもので、流出油封じ込めを専門とする大手企業である米フロリダ州のABBCOによって開発された。

ソーダストリームのロアタン島イニシアチブは、2017年10月キャロライン・パワーズ氏によって撮影されBBCで特集された動画(https://www.bbc.com/news/av/world-41866046/the-giant-mass-of-plastic-waste-taking-over-the-caribbean )に触発されたものである。動画のハイライトは、カリブ海ロアタン島沿岸に帯状に広がる浮遊ごみの水中撮影である。心をかき乱すこの動画に動かされ、自身も経験豊かな船舶の船長であり海軍士官でもあるソーダストリームのダニエル・バーンバウムCEOは、先頭に立ってこの浮遊ごみを除去する解決策を探求した。バーンバウム氏は「われわれは地球上のすべてのプラスチックごみを除去することはできないが、1人ひとりが自分にできることをする必要がある。最も重要なことは使い捨てのプラスチックの使用を止めると強く決意することである」と述べた。

「Holy Turtle」が回収したプラスチックごみは、プラスチック製のカップ、ストロー、バッグおよびボトルを含むあらゆる形状の使い捨てプラスチックの消費削減に向けて世界中の消費者の意識を高め、啓発するための展示会の制作に利用される。

4日間のホンジュラスへのソーダストリームのミッションには、地元の7つの学校の子供たちの参加が含まれる。子供たちはソーダストリームの幹部社員と力を合わせて清掃活動を行うだけでなく、環境の専門家から教育セッションを受け、彼らのコミュニティーの環境アンバサダーになる。ゲスト講演者には、Plastic Soup Foundationの創設者マリア・ウェスターボス氏、太平洋のミッドウェー島での衝撃的な環境悲劇を力強く描いた映像「Albatross(アホウドリ)」の撮影で名高いアート・フォトグラファーのクリス・ジョルダン氏、Alfred-Wegener Institute for Polar and Marine Research(アルフレッド・ウェゲナー極地海洋研究所)の海洋プラスチック研究者ローラ・レイバ氏、Bay Island Coastal Clean-upの共同創設者エレナ・ゴンザレス氏、持続可能性とCSR(企業の社会的責任)のコンサルタントであるミッシェル・メヒア氏が含まれた。

バーンバウム氏は「毎年800万トンを超すプラスチックが海洋に流入している。このプラスチックは消えてなくなることはない。壊れて微小なプラスチック片になり、海洋を漂流し、海洋生物を危険にさらし、最終的にはわれわれの食物連鎖に入り込む。われわれ皆が協力して使い捨てプラスチックの使用を削減し、習慣を変えることを堅く決意し、再利用可能な選択肢を取らなくてはならない。これはわれわれの手に委ねられている」と述べた。

全アジェンダおよび詳細な情報については、www.roatan2018.com を参照。

▽ソーダストリームについて
ソーダストリームは、(消費量において)世界ナンバーワンの炭酸水ブランドである。このほどペプシコ(PepsiCo、NASDAQ: PEP)による32億ドルでの買収(2018年末までに完了予定)を発表した。ソーダストリームは、消費者が普通の水道水を容易に数秒間で炭酸水およびフレーバー付き炭酸水に変換することを可能にする。普通の水を楽しくエキサイティングな飲み物にすることで、ソーダストリームは、消費者がより多くの水分を取る手助けをしている。ソーダストリームの炭酸水メーカーは消費者に対し、ボトルや缶入りの炭酸飲料に代わる高度に差別化された革新的なオプションを提供している。これらの製品は健康とウェルネスを推進し、環境に優しく、コスト効率が高く、カスタマイズ可能であり、使うのが楽しい。製品は45カ国の8万以上の小売店で入手可能である。ソーダストリームが水をいかにエキサイティングにするかについての詳細は、Facebook(https://www.facebook.com/SodaStream )、Twitter(https://twitter.com/SodaStreamUSA )、Pinterest (https://www.pinterest.com/sodastreamusa/ )、Instagram(https://www.instagram.com/sodastreamusa )、YouTube(https://www.youtube.com/user/SodaStreamGuru )でフォロー、またはwww.SodaStream.com を参照。

ソース:SodaStream International Ltd.

▽問い合わせ先
Clara Amselem
Global Public Relations Manager
Claraa@sodastream.com
+972 52 425 5476

Stephanie Goldman
The Pollack PR Marketing Group
sgoldman@ppmgcorp.com
212-601-9341