【評】水面に映像を映し出すプロジェクションマッピングは幻想的な世界をつくり上げている。コイは本物か偽物なのか、見る人が「何だこれ」と興味を持って作品を見入ってくれれば成功だろう。もう少し全体的に鮮明さがほしかった。(写真部長 中島雅隆)