【評】イルミネーションは遠くから見るより、近くで見た方が作品になりやすい。想像を働かせると、いろんな世界が表現できる。大胆な構図で電球の光を丸く捉えることでブドウの房に見立てた。ボケ身もきれいで単レンズの良さも出ている。(写真部長 中島雅隆)