【評】ローアングルでの撮影。灯籠や月の配置も申し分なく、安定感があるので見やすい作品だ。広角レンズの特性を使って被写界深度を稼ぎ、背景まできちんと表現されているため、撮影現場の静寂な雰囲気も伝わってくる。 (写真映像部長 中島雅隆)