【評】山の稜線(りょうせん)がキッチリ表現されている。何といっても色味が美しい。山肌が青白く浮世絵のように見える。しかし、空の配分が広すぎてバランスが良くない。自分が何に感動し、何を表現したいからシャッターを押したのか。もう一度その時のことを思い返そう。(写真部長 中島雅隆)