【評】恐ろしい形相の鬼の面だが首をかしげた様は何となく愛くるしさを感じ面白い作品になった。大胆なトリミングと望遠レンズの効果で背景をうまく処理しているので、主役を際立たせている。タイトルが意味が分からなかったのが残念だ。(写真部長 中島雅隆)