【評】夜明けのわずかな時間帯に見られる、ブルーアワーを捉え幻想的な作品になった。海面と雲が近く、奥にいくほど濃くなるグラデーションで、嵐の前の静けさを感じさせる。長時間露光で真っ平らな印象が強いが、水平線と雲の切れ間で奥行き感も出ている。(写真部長 中島雅隆)