【評】ススキは順光より、穂先の輝きを強調させる逆光で撮影するのが基本。繊細な部分まで丁寧に撮影され、全体的な色味から季節感も出ている。構図が難しい被写体なので、三分割法などを用いるといいだろう。自分が一番意識してピントを合わせた部分を強調できると見る人にも伝わりやすい。(写真部長 中島雅隆)