【評】ピントの合わせどころが的確。前ボケの無数の水滴が主役を効果的に引き立たせている。このような被写体は、ファインダー越しに見たときに、肉眼で見たときよりも魅力が半減しているときがある。迷いが出る前に素早く撮影したほうがいいだろう。(写真部長 中島雅隆)