【評】偶然見つけた情景だろうか。普段の生活の中に見逃してしまう被写体はいくつもあるが、それを逃さなかった作者には絵心がたくさんあるのだろう。人物の配置がよく安定感がある。青みの色合いと縦横のラインが静寂感を演出して、異質な空間を醸し出している。タイトルにもう一工夫ほしいところ。(写真部長 中島雅隆)