【評】雲海としては薄く朝霧の状態だろう。幻想的ににじんだ街明かりと薄い紫色に染まった遠景とのコラボレーションを美しく捉えている。手前の暗部が広すぎるので、下部と右側をトリミングして、彩りを引き立たせてもいいだろう。(写真部長 中島雅隆)