【評】狩猟文化を色濃く反映した荘厳な舞で知られる西都市銀鏡の銀鏡神楽。神楽面とかがり火をうまく絡めてはいるが、目線がやや下向きで神楽面の印象が弱くなってしまったのが残念だ。カメラのアングルを下げるなどして、目線を上向きにした方が迫力があり、見る人にさまざまな印象を与える奥深い作品になったと思う。(写真映像部長 中島雅隆)