【評】キツネのお面をかぶった踊り手の頭から炎を発しているようで不思議な作品に仕上がった。カメラの回転とズーミングを駆使しての撮影だが、作者の予想通りかそれ以上の出来栄えなのか分からないが、固定観念にとらわれず、いろんな撮影に挑戦することも大事だろう。踊り手の動きがおとなしいので、少しブラすと躍動感も演出できただろう。(写真部長 中島雅隆)