【評】流し撮りで躍動感を強調することができた。踊り手が写真から飛び出してきそうだ。主役の目元にしっかりピントも合っていて、技術的には大成功だろう。流し撮りは撮影に集中し過ぎて日の丸構図になりがちだが、作者の頭に中にしっかりと構想ができていて、冷静に撮影に挑めたのだと思う。(写真部長 中島雅隆)