【評】雨上がりの桜は、うららかな春の日差しを受け、みずみずしく咲き誇っている。作品全体が優しい桜色に染まり、心を癒やしてくれる作品になった。ピント合わせが的確で花びら、つぼみ、水滴のバランスもいい。平凡になりがちな構図だが、前ボケを効果的に使い、奥行きがあるので作品に深みが出た。(写真部長 中島雅隆)