【評】きれいに2重に重なり合ったシャボン玉が大半を占める大胆な構図の作品。作者は慌てることなく慎重かつ的確にファインダーに収めることができている。偶然の出来事に、少女もうれしそうだ。しかし、天気の良い日でもう少し強い光があれば、もっと輝きが増していただろう。絞り過ぎも気になるところ。(写真部長 中島雅隆)