【評】複雑な曲線を描いた、たいまつの炎が美しく表現されている。熱いというより暖かみのある優しい炎の舞を感じることができる。レンズの絞りをうまく調整しているので露出オーバーした部分がなく上品さもある。普通は豪快な舞と炎の迫力に目を奪われその部分を強調した作品つくりになりがちだが、撮影前の構想がしっかりできていたのだと思う。(写真部長 中島雅隆)