【評】全体的にオレンジ色に染まり、たそがれ時を感じさせる作品。夕空に浮かぶ人物のシルエットが切り絵のようで、美しく表現されている。上部のトリミングがやや窮屈な感じを受けるが、太陽が入るのをぎりぎりでカットして、光の強度をうまくコントロールしている。カメラアングルを低くしているので、背景の余計な物も排除されている。(写真部長 中島雅隆)