【評】花殻と太陽を重ね、真ん中からうっすらと見える紫色のグラデーションが美しい。自然がつくる模様や茎の繊細な部分もうまく表現できていて丁寧に撮影されている。画面全体も薄い紫色に染まっているので独特の世界観を演出している。下部の黒い部分をトリミングして、もっと主役を引き立たせてもいいだろう。(写真部長 中島雅隆)