【評】おとなしいイメージがある岬馬だが、野生だけに気性が荒いところも持ち合わせている。上下関係をつくる動物の世界で強者が弱者を攻撃するのはよくあることらしい。のどかな観光地が修羅場に一変したことだろう。予想できない光景に見とれることなく、見事に撮影している。太陽光を上手く捉えているので、馬の毛並みや筋肉の盛り上がりなどが美しく表現されている。地面の線が斜めに入り躍動感が増している。(写真映像部長 中島雅隆)