【評】逆光をうまく生かせるようになると、写真表現の幅は広がる。逆光でこそ美しく見える被写体は数多く存在する。この作品は、背景を利用して人物の輪郭が光り、はっきりとさせている。また、空気中の細かなほこりが太陽光を反射して無数のゴーストが写り込み、朝の作業場の雰囲気を伝えている。右手から放たれたちりめんじゃこの輝きも美しい。(写真部長 中島雅隆)