【評】滝から流れ落ちる水としぶき、ゴツゴツした岩肌に張り付いたコケは、天から降り注ぐ光芒(こうぼう)を受け輝いている。光のグラデーションもしっかり表現されている。自然の造形美を表現するために、被写界深度を限界まで深くしているので、おとなしめの作品になりがちだが、見る人の視線が散漫にならないように、アップ気味のトリミングで工夫している。(写真部長 中島雅隆)