ホーム オリコンニュース[芸能] 『ガキ使』藤原氏が証言 岡本社長の“圧力発言”は「全然、ウケてなかった…」
[芸能]

『ガキ使』藤原氏が証言 岡本社長の“圧力発言”は「全然、ウケてなかった…」

吉本興業の藤原寛代表取締役副社長
(C)ORICON NewS inc.

 吉本興業所属の芸人らが振り込め詐欺グループの宴会に出席して金銭を受け取るなどした「闇営業」問題を巡り、吉本興業ホールディングスの岡本昭彦社長(53)が22日午後2時から都内で会見を行った。雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日の会見で明かした“圧力発言”について認めた。

【動画】沈黙のあとの衝撃発言…「みんなにあとで聞いときます」(4:20:00~)

 19日に契約解消処分となった宮迫と謹慎中の亮が20日の会見で、岡本社長と話し合った際に「テープを回してないだろうな」「会見するならやってもいいけど、全員クビにする」という“圧力発言”があったと明かした。

 記者から発言の真意を聞かれた岡本社長は、6月24日の謹慎発表のプレスリリースを作る際に、宮迫、亮、ガリットチュウ・福島善成、レイザーラモン・HGの4人との打ち合わせがスムーズに進まなかったため、会話を進行させるために「僕的には冗談で言った」「場を和ませるつもりで言った」と釈明した。

 これを受けて、発言の際に同席していた日本テレビ系大みそか特番『笑ってはいけない』シリーズでおなじみの吉本興業の藤原寛副社長が追加で説明。「途中で岡本さんが空気を変えるために入ってくれたというのもある。パッと扉を開けたときに言われた言葉です。『テープ録ってるんちゃうやろな』みたいな。全然、ウケなかったんですけど…。そういう空気だったので。でも、そういうトーンで言ってました」と弁護していた。

関連記事