開催要項

■趣  旨このコンクールは、音楽を学んでいる小学生以上の者を対象に、優れた演奏家を発掘・育成するとともに、音楽文化の振興に寄与することを目的とする。
■主  催宮崎日日新聞社
■主  管宮日音楽コンク-ル運営委員会
■後  援宮崎県、宮崎県教育委員会、宮崎県合唱連盟、宮崎県吹奏楽連盟、NHK宮崎放送局、エフエム宮崎、MCN宮崎ケーブルテレビ
■特別協賛株式会社 宮崎銀行 UMKテレビ宮崎
■協  賛全日本空輸株式会社

参加料・参加資格及び実施部門

参加料

【予 選】1部門につき、1人 16,000円 【本 選】1部門につき、1人 21,000円

※予選・本選とも申し込み後の参加料は返金いたしません。

部門参加資格
ピアノ小学A(1〜2年)、小学B(3〜4年)、小学C(5〜6年)、中学、高校、大学、一般
声 楽中学、高校、大学、一般
弦楽器小学A(1〜2年)、小学B(3〜4年)、小学C(5〜6年)、中学、高校、大学、一般
管楽器中学、高校、大学、一般
打楽器小学C(5〜6年)、中学、高校、大学、一般
  • 「高卒浪人」は、高校卒業後1年間は「高校」として、「短大・大学の研究生」は、「大学」として認める。 ただし、2020年3月末日現在、23歳までは大学とし、24歳以上は「一般」とする。
  • ※希望者のみ小学生の飛び級を認める。(小Cから中学生パートへの飛び級も可)
  • ※国籍は問わない。

参加規定

  1. 申し込み後、曲目の変更は認めない。
  2. 出場順は主催者が抽選する。
  3. 予選・本選とも暗譜とする。(ただし打楽器部門は除く。管楽器部門は本選のみ暗譜とする
  4. 予選、本選とも伴奏者(譜めくりを含む)は出場者が準備する。
  5. 本コンク-ルに関わる録音・映像は2年間主催者が留保する。また、コンク-ルの模様を放映することがある。
  6. 本要項記載の事項に反する場合および会期中、係員の指示に従わない場合は失格となることがある。
  7. 本選において各部門で定めた演奏時間を超えた場合は審査の対象外となる。複数曲の場合は曲間も演奏時間に含む。
  8. 予選・本選とも運営上、演奏時間をカットすることがある。(その場合は事前に連絡する)

審査および表彰

審査

  1. 予選・本選とも該当部門の審査員全員の合計点数で評価する。予選の点数は本選には持ち越さない。
  2. 予選・本選出場者には後日、本人の得点と審査講評を郵送する。得点、審査講評についての問い合わせは受け付けない。

表彰

  1. 本選出場者(各部門)に「最優秀賞」「優秀賞」「優良賞」「入選」を授与する。
  2. 「最優秀賞」「優秀賞」「優良賞」には賞状と記念品を、「入選」には賞状を贈る。
  3. 特別賞として以下の賞を贈る。
    <グランプリ(宮崎日日新聞社賞)>
    各部門の最優秀賞受賞者の中から1人にグランプリ(宮崎日日新聞社賞)を授与する。「該当者なし」の場合もある。賞状・記念品及び賞金10万円を贈る。
    <ANAヨーロッパ賞>
    全日本空輸株式会社のご協力によりグランプリ受賞者の中から1名に「ANAヨーロッパ賞」を授与する。 副賞としてヨーロッパツアーを贈る。
    <みやぎんジュニア特別賞>
    株式会社宮崎銀行のご協力により、中学生以下で審査員より特に推挙があった者に「みやぎんジュニア特別賞」を授与する。 副賞として商品券(5万円相当)を贈る。
    <UMK奨励賞>
    UMKテレビ宮崎のご協力により、声楽部門の高校生で審査員より特に推挙があった者に「UMK奨励賞」を授与する。副賞として商品券(5万円相当)を贈る。
  4. 「グランプリ(宮崎日日新聞社賞)」および「みやぎんジュニア特別賞」、「UMK奨励賞」の受賞者は11月24日(日)に開催されるグランプリ受賞者演奏会に出演する。

特別イベント

「交流の響き」への推薦(全国の新聞社が開催する音楽コンクール上位入賞者が集う演奏会)

 「グランプリ(宮崎日日新聞社賞)」「みやぎんジュニア特別賞」「UMK奨励賞」の受賞者の中から本県在住で大学生以下の1名を、全国の新聞社が開催する音楽コンクール上位入賞者が集う演奏会「交流の響き」(神奈川新聞社、川崎市主催)=2020年9月・川崎市(予定)=に推薦する。

第13回ミュージック・アカデミーinみやざき2020とのコラボレート

株式会社宮崎銀行のご協力により、2020年3月開催予定の「第13回ミュージック・アカデミーinみやざき2020 宮崎アカデミークラス」のピアノ・弦楽器・管楽器の各部門へ計3名を受講生として推薦する(受講料無料。ただし選出部門、人数の変更もありうる)。対象は宮崎県在住の小学生から大学生で、希望者は本選申込時に申し込む。