ホーム

広告の種類

宮日広告賞

宮日広告賞は、1990年、創刊50周年を記念して創設されました。新聞広告の持つ信頼性や反復性、確実性などの特性を生かし、商品や企業活動のPRに努めた広告作品を紹介します。暮らしに生きる新聞広告の発展と育成を目指し、地元広告主から出稿のあった5段以上の広告紙面の中から、優秀作を表彰します。

第24回宮日広告賞は、2013年度に県内の広告主が本紙やこども新聞、生活情報紙「Quntto」、「きゅんとplus」、「Rio」に掲載したものが対象で、計52点の応募があり、8点が入賞しました。

  • 大賞「日本一、牛を愛する県でありたい。」(JA宮崎経済連・全15段)
  • 金賞「『黒霧島シリーズ』計7回」(全5段)
  • 銀賞「who?」(JA宮崎中央会・全15段)
  • 銅賞「もっと、コンビに、」(南九州ファミリーマート・全15段)
  • 特別賞「つながるのべおか」(延岡市・全5段)
  • 特別賞「『ここに、宮崎の幸ありシリーズ』計7回」(雲海酒造・全5段)
  • 読者選定部門「宮崎大学は 未来を切り拓く人材を育てます」(宮崎大学・全15段)
  • 読者選定部門「都城東から世界へ!!」(都城東高等学校・全15段)