ホーム HAPPYNEWS 妖艶クマガイソウ

HAPPYNEWS

妖艶クマガイソウ 高千穂

2018年4月24日掲載

鳥屋岳中腹の自生地に開花したクマガイソウ=23日午後、高千穂町押方

 県版レッドデータブックの絶滅危惧種ⅠB類に指定されているクマガイソウが、国内最大規模の自生地である高千穂町押方の山中で薄紫の妖艶な花を咲かせている。木漏れ日を受けて山の斜面を輝かせている。

 クマガイソウはラン科の多年草で、茎は高さ約30センチ、花は直径約8センチとなる。鳥屋岳(772メートル)の中腹には約6千本が群生する。高千穂森の会(興梠幸男(こうろきよしお)会長、11人)が間伐や枝打ちなどをして管理しており、自生地は昨年、県の天然記念物に指定された。

 同会は来月3日まで特別公開している。興梠会長(77)は「寒暖の差で今年は花の付きも良い。希少な植物を楽しんでほしい」と話している。問い合わせは興梠会長(電話)0982(72)5637。