ホーム HAPPYNEWS ビオラの苗で元気出して

HAPPYNEWS

ビオラの苗で元気出して

2017年2月28日掲載

花畑さんが久居原地区に寄贈したビオラの苗を眺める川越さん

 日向市東郷町の久居原(きゅういばる)地区で花の苗が盗まれたことを知った延岡市北方町川水流の農業、花畑(はなばた)志良一(しろいち)さん(63)は19日、同地区にビオラの苗25株を寄贈した。花や野菜の苗を生産している花畑さんは「少しでも力になりたいと思った。大切に育ててもらえればうれしい」と話している。

 同地区では女性部や高齢者サロンが国道446号沿いに日々草やビオラを植え、道行く人の心を和ませている。今年1月に入り、複数回にわたり花の苗約30株が根こそぎ盗難に遭い、関係者は「きれいに咲いていたのに悲しい」と心を痛めていた。

 新聞記事で被害状況を知った花畑さんは、日向市東郷町の知人を通じて寄贈を申し出。苗を受け取った同地区女性部員の川越ヤスヨさん(68)=同市東郷町山陰戊=は「ショックで落ち込んでいたところ、花畑さんの温かい気持ちに触れて元気が出た」と笑顔で話していた。