グレイス

今を生きる宮崎の
女性のための定期講座

グレイスのご案内

いつまでも好奇心旺盛で若々しくあり続けるために、お友達、ご家族と一緒に、自分磨き…はじめませんか。

みやざきレディース倶楽部グレイスは、宮崎に暮らす女性を応援する企画として1999年にスタートした女性限定の会員制講座です。会員の皆さまには、宮崎ではなかなか目にすることができない各界で活躍中の著名人による年4回の講演会(トークショーやコンサートも含む)を提供させていただいています。

年会費6,480円で年間4回の講座(ミニコンサート・講演・お楽しみ抽選会)に参加できます。18歳以上の女性であれば、どなたでもご入会いただけますので、母娘で家族でお友達と一緒にちょっぴり優雅な時間を過ごしていただけると幸いです。

会員になるとこんな特典があります

  • 2016年度の4回の講座(オープニングステージ・講演・お楽しみ抽選会)が受講できます。
  • 宮崎日日新聞社主催事業(一部除外あり)の案内と優待が受けられます。
  • 協賛社や飲食店などから、さまざまな優待が受けられます。
期 間
2016年4月から2017年3月までの1年間
対 象
18歳以上の女性。※定員になり次第締め切らせていただきます。
会 費
6,480円(2016年度内の4回の受講料)
※一旦入金された年会費は返金いたしかねます。

第1回講座 5月21日(土) 会場:メディキット県民文化センター・演劇ホール

倉田真由美さん(漫画家)

「くらたま流~スッキリ生きる方法~」

 1971年福岡県生まれ。一橋大学卒業後、『ヤングマガジン』ギャグ大賞を受賞し、漫画家デビュー。2000年より週刊『SPA!』で、ダメ男を好きになる女たちのリアルな生活を描いた「だめんず・うぉ~か~」がブレイク(13年にわたり、1000人以上の女性を取材し連載)。映画や麻雀など趣味も多く、マンガやエッセイなどの執筆活動のほかにテレビ・ラジオ出演、トークショーと多方面で活躍。現在2児の母親でもある。

 

第2回講座 7月2日(土) 会場:メディキット県民文化センター・演劇ホール

DaiGoさん(メンタリスト)

「心理学的“美人”をつくる方法」

 人の心を読み、操る技術"メンタリズム"を駆使する日本唯一のメンタリスト。TV番組へ出演多数、著書は累計95万部突破のベストセラーに。外資系企業の研修やコンサル、教育誌の連載なども手掛ける。主な著書に「一瞬でYESを引き出す心理戦略(ダイヤモンド社)」、「不安を自信に変える逆転の発想術(廣済堂出版)」がある。 恋愛やコミュニケーションに使える心理術を無料公開中。詳しくはhttp://www.daigo.meまで。

 

第3回講座 9月10日(土) 会場:メディキット県民文化センター・演劇ホール

松尾 貴史さん(タレント・俳優)

「新しいストレス生活のすすめ」

 1960年5月11日生まれ。兵庫県神戸市出身。大阪芸術大学芸術学部デザイン学科卒業。タレント、俳優、ナレーター、コラムニスト、“折り顔”作家、カレー店オーナーなど幅広い分野で活躍。著書にPHP新書「なぜ宇宙人は地球に来ない? 笑う超常現象入門」等多数

 

 

第4回講座 2017年3月5日(日) 会場:シーガイアコンベンションセンター・4階

夏井 いつきさん(俳人)

「夏井いつきの句会ライブ〜今日からあなたも俳人です〜」

 昭和32年生まれ。松山市在住。8年間の中学校国語教諭の後、俳人へ転身。「第8回俳壇賞」受賞。俳句集団「いつき組」組長として創作活動&指導に加え、俳句の授業、全国高等学校俳句選手権「俳句甲子園」の創設に携わるなど幅広く活動。平成27年「俳都松山大使」に就任。TBS「プレバト!!」俳句コーナー出演中。著書に句集「伊月集 龍」「伊月集 梟」、「超辛口先生の赤ペン俳句教室」「夏井いつきの美しき、季節と日本語」など多数。

お問い合わせ・お申し込み

〒880-8570 宮崎市高千穂通1-1-33

宮崎日日新聞広告局グレイス事務局

TEL 0985-26-9333

入会お申し込み

入会申込書(PDF)をダウンロードして必要事項を記入し、FAXまたはご郵送いただくか、メールフォームより直接お申込みください。

用紙ダウンロード

インターネットで申し込む

ご入会方法

事務局より払込用紙をお送りします。お近くのコンビニ、郵便局でご利用ください。※払込手数料205円はお客様ご負担

会費6,480円と入会申込書を事務局までお持ちください(恐れ入りますがおつりが出ない様お願いします)。受付時間/祝日を除く月-金 (9:00-12:00、13:00-17:00)

会費6,480円と入会申込書を現金書留にて事務局あてに郵送してください。複数での申し込みもできます。



(C)2016 Miyazaki Nichinichi Shimbun. All Rights Reserved.