ホーム ドリームニュース 「迷ったら、キツいほうを選ぶ」 オウンドメディア『イングリッシュブートキャンプアカデミア』にて日本フェンシング協会会長・太田雄貴の独占インタビューを公開

ドリームニュース

「迷ったら、キツいほうを選ぶ」 オウンドメディア『イングリッシュブートキャンプアカデミア』にて日本フェンシング協会会長・太田雄貴の独占インタビューを公開

2018/11/09 12:00

短期集中英会話合宿を運営するイングリッシュブートキャンプ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表:児玉教仁)のオウンドメディア『イングリッシュブートキャンプアカデミア』(https://academia.english-bootcamp.com/)は、チャレンジする人を応援するコンセプトのもと、様々な記事を掲載しています。この度、日本フェンシング協会会長の太田雄貴さんの単独インタビュー記事を11月9日(金)に公開します。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000184557&id=bodyimage1

■なぜオウンドメディアの単独インタビューが実現したのか
ビジネスマンにとってキャリアの選択は自身の今後を左右する非常に大きな場面です。その際には自分だけではなかなか判断出来ず、誰かの意見を聞きたいと考える方が多いかもしれません。
イングリッシュブートキャンプアカデミアではそのような方を応援するべく、様々なキャリアに挑戦する方々へのインタビュー記事を公開しています。
そして今回、オリンピックメダリストでありその後最年少で日本フェンシング協会会長に就任した太田雄貴さんに、ご自身のキャリア感についてインタビューさせて頂きました。

■普段聞けなかったメダリストの本音
インタービューでは、普段は聞けないような様々な本音が飛び交いました。自信が初めて18歳でオリンピックに出場した時は、金メダルを獲得した水泳の北島康介さんや柔道の野村忠宏さんを横目に心の底からうらやましかった。メダルを獲らずに帰ってきたら出場しなかったのと同じとまで思ったとの事。そしてその後のメダル獲得を経てフェンシング協会会長に就任した今でも、自分のキャリアとしては挑戦のまだまだ途中だとコメントしています。今まさに自身のキャリアでお悩みの方には、自分ももっと挑戦してみたいと思えるような背中を押してくれるような内容となっています。
▼単独インタビュー記事全文はこちら
https://academia.english-bootcamp.com/yuki-ohta

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000184557&id=bodyimage3

▼Webメディア「イングリッシュブートキャンプアカデミア」とは?
イングリッシュブートキャンプ社が運営する「英語学習」と「チャレンジ」を探求するメディアです。チャレンジする人々を紹介する「世界にひとつだけのチャレンジ」や、前向きになれる映画や書籍を紹介する「明日への種まき」、日常生活密着型のお役立ち英単語集「English of the Day」など、英語学習やチャレンジに関するさまざまな情報を発信していきます。
「イングリッシュブートキャンプアカデミア」https://academia.english-bootcamp.com/

【会社概要】
社名: イングリッシュブートキャンプ株式会社
代表: 代表取締役社長 児玉 教仁(コダマ ノリヒト)
本社: 東京都世田谷区玉川3丁目21-1 アーバンコート玉川4F
    TEL.03-5797-9801(平日10:00~18:00 ※月曜定休)
URL: 「イングリッシュブートキャンプ」 https://english-bootcamp.com/
設立: 2018年5月16日
事業内容: 超短期間英会話プログラム「イングリッシュブートキャンプ」企画・運営
     人材開発ソリューション
     デジタル教育ソリューション


全国のニュース