miyanichi e press
注意報・警報

平成29年2月21日02時28分
 宮崎地方気象台 発表


南部平野部、北部平野部では、強風に注意してください。南部平野部では、高波に注意してください。宮崎県では、空気の乾燥による火の取り扱いに注意してください。



宮崎地区
 強風注意報、波浪注意報、乾燥注意報

日南・串間地区
 強風注意報、波浪注意報、乾燥注意報

延岡・日向地区
 強風注意報、(解除)波浪注意報、乾燥注意報

西都・高鍋地区
 強風注意報、(解除)波浪注意報、乾燥注意報

小林・えびの地区
 乾燥注意報

都城地区
 乾燥注意報

高千穂地区
 乾燥注意報

椎葉・美郷地区
 乾燥注意報

今日・明日の天気

2017/02/21 05:00発表

宮崎県/南部平野部

今日明日

宮崎県/南部山沿い

今日明日

宮崎県/北部平野部

今日明日

宮崎県/北部山沿い

今日明日

台風

自分で行う災害への備え

2005年9月の台風14号で浸水被害を受けた宮崎市柏田地区

 台風や大雨は、毎年大きな災害をもたらします。警報などの防災気象情報を利用して、被害を未然に防いだり、軽減することが可能です。テレビやラジオなどの気象情報に十分注意してください。

 台風や大雨の危険が近づいているというニュースや気象情報を見たり聞いたりしたら、災害への備えをもう一度確認しましょう。

  • 1. 家の外の備え 大雨が降る前、風が強くなる前に行いましょう。
    • ○窓や雨戸はしっかりとカギをかけ、必要に応じて補強する。
    • ○側溝や排水溝は掃除して水はけを良くしておく。
    • ○風で飛ばされそうなものは飛ばないように固定したり、家の中へ格納する。
  • 2. 家の中の備え
    • ○非常用品の確認と用意
      • ・懐中電灯 ・携帯用ラジオ(乾電池) ・救急薬品
        ・衣類 ・非常用食品 ・携帯ボンベ式コンロ ・貴重品など
    • ○室内からの安全対策
      • ・飛散防止フィルムなどを窓ガラスに貼ったり、万一の飛来物の飛び込みに備えてカーテンやブラインドをおろしておく。
    • ○水の確保
      • ・断水に備えて飲料水を確保するほか、浴槽に水を張るなどして生活用水を確保する。
  • 3. 避難場所の確保など
    • ○学校や公民館など、避難場所として指定されている場所への避難経路を確認しておく。
    • ○普段から家族で避難場所や連絡方法などを話し合っておく。
    • ○避難するときは、持ち物を最小限にして、両手が使えるようにしておく。
  • 4. 非常持ち出し品を用意しましょう。
    • ○非常持ち出しリストの一例はこちら※プリントアウトして使用できます。

◆雨の強さと降り方

1時間雨量(mm)10以上20未満20以上30未満30以上50未満50以上80未満80以上
予報用語やや強い雨強い雨激しい雨非常に激しい雨猛烈な雨
人の受けるイメージザーザーと降るどしゃ降りバケツをひっくり返したように降る滝のように降る(ゴーゴーと降り続く)息苦しくなるような圧迫感がある。恐怖を感ずる
人への影響地面からの跳ね返りで足元がぬれる傘をさしていてもぬれる傘は全く役に立たなくなる
災害発生状況この程度の雨でも長く続くときには注意が必要側溝や下水、小さな川があふれ、小規模の崖崩れが始まる山崩れ・崖崩れが起きやすくなり危険地帯では避難の準備が必要
都市では下水管から雨水があふれる
都市部では地下室や地下街に雨水が流れ込む場合がある
マンホールから水が噴出する
土石流が起こりやすい
多くの災害が発生しやすい
雨による大規模な災害の発生するおそれが強く、厳重な警戒が必要

◆風の強さと吹き方

平均風速(m/秒)10以上15未満15以上20未満20以上25未満25以上30未満30以上
予報用語やや強い風強い風非常に強い風猛烈な風
人への影響風に向って歩きにくくなる風に向って歩けない
転倒する人もでる
しっかりと身体を確保しないと転倒する立っていられない
屋外での活動は危険
屋外・樹木のようす樹木全体が揺れる
電線が鳴る
小枝が折れる樹木が根こそぎ倒れはじめる
建造物の被害取り付けの不完全な看板やトタン板が飛び始めるビニールハウスが壊れ始まる鋼鉄シャッターが壊れ始める
風で飛ばされた物で窓ガラスが割れる
ブロック塀が壊れ、取り付け不完全な屋外外装材がはがれ、飛び始める屋根が飛ばされたり、木造住宅の全壊が始める

情報提供:気象庁