ホーム 宮崎県知事選挙2018 県知事選 関連記事

現職を新人追う展開か 終盤情勢、投票率も焦点

2018年12月21日

 県知事選は23日の投開票まで残り2日となった。無所属現職で3選を目指す河野俊嗣氏(54)=自民、立憲民主、国民民主、公明、希望、社民党推薦=が優位に立ち、無所属新人で共産党県委員会委員長の松本隆氏(57)=共産党推薦=が追う展開とみられる。一方、期日前投票の中間状況などから両陣営とも「選挙戦の盛り上がりに欠ける」との危機感を強めており、得票に加えて投票率の行方も焦点に浮上している。

全文は2018年12月21日付紙面で

特集TOPに戻る