ホーム 宮崎県知事選挙2018 県知事選 関連記事

識者に聞く 宮崎産業経営大・福島都茂子教授(政治学)

2018年12月07日

政策論争展開を期待

■構図の分析

 松本氏の立候補表明が出遅れ、現職の無投票当選になるかもしれないという状況だった。市町村議会議員の選挙で定数割れするなど政治の担い手が減りつつある傾向は全国的に増えているが、知事選レベルでは珍しい。

 投票行動では、保守系の有権者や高齢者は「日常に不満はなく、これからもそのままでいい」と変化を嫌う傾向があり、本県でもその傾向が強いと思われる。そのため、安定的で失政の少ない現職の壁を切り崩せないと感じ、立候補を断念した人もいたのではないだろうか。

■争点は何か

 選挙戦で大事なのは県政の課題をどう解決するかについて、明確で具体的な対策を候補者が打ち出すこと。そこで初めて議論が始まり、争点が生まれる。そういう意味では、河野氏の政策提案に物足りなさを感じている。

 さらに候補者の選択肢が少ないこともあり、争点が非常に見えにくい。人口減少対策や観光振興などが重要な課題だと考えているが、対抗軸となる松本氏が現県政への批判を具体的に述べ、河野氏が反論するような政策論争が展開されれば、有権者も争点が見えやすくなるのではないか。

■有権者に

 「興味がない」「結果は同じ」などと考えて、県のリーダーを選ぶ権利を放棄しないでほしい。今回は現職と共産系候補の一騎打ちのため「投票したい候補者がいない」という人も多いかもしれない。そのため、棄権票の中には無関心な層だけではなく、現職への不満票もある程度含まれる可能性がある。

 ただ、意思は形として示すべきで、投票率、得票率が候補者への評価や期待を表すことにもなる。確かに今回の選挙は争点が見えにくいが、河野県政の2期8年の実績にも目を向けて判断してほしい。

【写真】「意思を形として示すべき」と投票する意義を語る福島教授

特集TOPに戻る