国内外ニュース

米下院委、弾劾訴追状案を承認へ トランプ氏のウクライナ疑惑 

2019年12月13日13時44分
 【ワシントン共同】米下院司法委員会は12日、トランプ大統領のウクライナ疑惑を巡る弾劾訴追状案の2日目の審議を続けた。休憩を挟んで14時間以上続くマラソン審議となった後、ナドラー委員長(民主党)は採決を13日に持ち越すと発表した。下院は野党民主党が多数派のため、承認される公算が大きい。米史上、司法委で弾劾訴追状案が承認された大統領はトランプ氏で4人目となる見通しだ。

 民主党は来週にも下院本会議でトランプ氏を弾劾訴追する構え。訴追が決まれば、来年1月上旬にも与党共和党が多数派の上院で弾劾裁判が開かれる。
【写真】 12日、ホワイトハウスで開かれた会合で話すトランプ米大統領=ワシントン(AP=共同)