国内外ニュース

米、年末期限は重視せず 対北朝鮮、実質協議要求 

2019年11月21日06時28分
 【ワシントン共同】米国のビーガン北朝鮮担当特別代表は20日、国務副長官への指名に伴う上院外交委員会の公聴会で、北朝鮮が米側の態度転換を要求した年末の期限について「われわれの期限ではない」と重視しない考えを示し、北朝鮮に非核化に向け実質的な協議に応じるよう呼び掛けた。

 ビーガン氏は公聴会で、副長官に就任すれば、交渉相手は金正恩朝鮮労働党委員長に近い崔善姫第1外務次官になると説明。崔氏に関し、これまで「有益な形では交渉に参加していない」と指摘した上で、北朝鮮側が非核化をどう進めるかについて「十分な指導力と(金氏からの)信任を持つ人物」を送るべきだと強調した。