国内外ニュース

イラン外相、対米交渉せず 日本の核合意対応に不満 

2019年05月16日20時51分
 米国の核合意離脱と対イラン制裁再開による両国の緊張激化で偶発的衝突の懸念も出る中、来日中のイランのザリフ外相は16日、東京都内で共同通信などのインタビューに応じた。「(米国とは)取引しない」と述べ、対米交渉に乗り出す可能性を否定した。また、核合意の維持に向け「日本は何ら行動を取っていない」と不満を表明した。

 米国はイランを「脅威」とし、核活動や弾道ミサイルの開発の中止などを要求。イランが中東の駐留米軍などを攻撃する恐れがあるとして、空母や爆撃機を派遣、緊張が激化している。

 イラン産原油も全面禁輸とし、日本も輸入を停止するなど、影響が出ている。(共同)
【写真】 インタビューに答えるイランのザリフ外相=16日午後、東京都内のホテル

全国のニュース