国内外ニュース

飛翔体発射「正常な訓練」と強調 北朝鮮 

2019年05月08日23時01分
 【ソウル共同】朝鮮中央通信によると、北朝鮮外務省の報道官は8日、4日の飛翔体発射について「誰かを狙ったものではなく正常な軍事訓練の一環で、地域情勢を激化させてもいない」と述べ、発射の正当性を強調した。また米韓の合同軍事演習を「戦争演習だ」と批判した。

 同通信によると、報道官は4日の発射について大口径の長距離放射砲(多連装ロケット砲)や戦術誘導兵器の運用能力などを点検し「戦闘動員準備を整える目的で火力打撃訓練が行われた」と説明。「正常で自衛的な訓練だ」と強調した。

全国のニュース