国内外ニュース

スーダン、民主化デモで日本語も 学生ら「私たち知って」 

2019年05月08日19時41分
 民主化を求める市民デモが続くアフリカ・スーダンの首都ハルツームで、日本語を学ぶ地元大学生らがデモに加わっている。「私たちが『ここにいる』と、日本を含む世界に知ってほしい」。日本語で「民政」「自由」と書いたポスターを掲げ、その姿はインターネットを通じて話題になっている。

 スーダンでは大規模反政府デモの末、4月に軍のクーデターで長期独裁のバシル政権が崩壊。軍は暫定政権を敷いたが、ハルツーム市民は軍司令部前でデモを継続中だ。

 学生らは4月27日、自作のポスターを掲げてデモ行進。日本語で「自由、平和、正義」と声を上げた。(ハルツーム共同)
【写真】 スーダン・ハルツームの軍司令部前で、民主化を訴える日本語のポスターを示す学生ら=3日(共同)

全国のニュース