国内外ニュース

ベネズエラ、元国会議長ら捜査へ 反逆容疑で、米は圧力 

2019年05月08日10時09分
 【サンパウロ、ワシントン共同】南米ベネズエラからの報道によると、同国の最高裁は7日、検察の求めに応じ、祖国への反逆や反乱を扇動した容疑などで、ラモス・アルプ元国会議長ら6人の野党連合出身国会議員に対する捜査開始を許可した。政権派議員のみで構成する制憲議会は同日、6人の議員不逮捕特権剥奪を決めた。最高裁は、政権寄りの判事で占められている。

 これに対し、暫定大統領就任を宣言した野党連合出身のグアイド国会議長を支える米国のペンス副大統領は7日、ワシントンで演説し、対応を改めなければ「米国は25人の最高裁判事に責任を負わせる」と圧力をかけた。

全国のニュース